動かなくても・壊れていてもOK!処分費0円&着払いでパソコン処分するなら パソコンリサイクルセンター 分解はちょっと心配・・・液晶が割れてしまった壊れたパソコンを売るならごみパソ

現在168台のノートパソコン メモリ交換・ハードディスク交換 分解手順を掲載中

分解する前に

メモリの増設/ハードディスクの交換

機種別分解方法
  • FUJITSU
  • NEC
  • SONY
  • PANASONIC
  • TOSHIBA
  • LENOVO
  • HP
  • DELL
  • APPLE
  • ACER
  • ASUS
  • その他
  • 全てのメーカー

マウスコンピュータ MB-G700B (P170HM) ハードディスク交換・メモリ増設分解手順

マウスコンピュータ LB-T501X (TWH) ハードディスク交換・メモリ増設手順をまとめました。

難易度:低
対応HDD:SATA・2.5インチハードディスクまたはSSD
対応メモリ:SODIMM DDR3 PC3-10600

DSCF8155 DSCF8156

メモリとハードディスクの増設方法は次の通りです。

1.本体を裏返します。
DSCF8157

2.メモリスロットとハードディスクの位置は次のとおりです。ハードディスクは2基搭載しています。
DSCF8158加工

3.メモリを交換するには、写真矢印箇所のネジをドライバーで外します。
DSCF8171加工

4.メモリスロットが確認できました。スロットの数は2つ、SODIMM DDR3 PC3-10600に対応しています。
DSCF8172 DSCF8173

5.ハードディスク1台目を交換するには、写真矢印箇所のネジを2箇所ドライバーで外します。
DSCF8167加工DSCF8168

6.ハードディスクが確認できました。矢印方向にスライドするとハードディスクを取り外すことができます。
DSCF8168 DSCF8169加工

7.もう1台のハードディスクを外すには、写真矢印箇所のネジを2箇所、ドライバーで外し、裏蓋を取り外します。
DSCF8159加工DSCF8160

8.さらに、写真矢印箇所のネジをドライバーで外します。
DSCF8161加工DSCF8162加工

9.光学ドライブを矢印方向に引き抜きます。
DSCF8163加工

10.ハードディスクを確認できました。ハードディスクのマウンタは3つのネジで固定されています。SATA・2.5インチハードディスクまたはSSDに交換可能です。
DSCF8165加工 DSCF8166

ページの先頭へ