動かなくても・壊れていてもOK!処分費0円&着払いでパソコン処分するなら パソコンリサイクルセンター 分解はちょっと心配・・・液晶が割れてしまった壊れたパソコンを売るならごみパソ

現在168台のノートパソコン メモリ交換・ハードディスク交換 分解手順を掲載中

分解する前に

メモリの増設/ハードディスクの交換

機種別分解方法
  • FUJITSU
  • NEC
  • SONY
  • PANASONIC
  • TOSHIBA
  • LENOVO
  • HP
  • DELL
  • APPLE
  • ACER
  • ASUS
  • その他
  • 全てのメーカー

LENOVO ThinkPad X121e (3051RU8) ハードディスク交換・メモリ増設分解手順

LENOVO ThinkPad X121e (3051RU8) ハードディスク交換・メモリ増設手順をまとめました。

難易度:低
対応HDD:SATA・2.5インチハードディスク(7mm)またはSSD(7mm)
対応メモリ:SODIMM DDR3 PC3-10600

DSCF8352 DSCF8351

メモリとハードディスクの増設方法は次の通りです。

1.本体を裏返します。
DSCF8353

2.メモリスロットとハードディスクの場所は次の通りです。
DSCF8354加工

3.裏面、写真矢印箇所のネジ3箇所を外し、カバーを外します。
DSCF8356加工

4.ネジがある方から持ち上げると外しやすいです。カバーを外し、メモリとハードディスクが確認出来ました。
DSCF8357

5.メモリスロットは2つ。SODIMM DDR3 PC3-10600に対応しています。
DSCF8358

6.ハードディスクを取り出すには、矢印箇所のネジ2箇所を外します。
DSCF8359加工

7.ハードディスクを取り出すことが出来ました。SATA・2.5インチハードディスク(7mm)またはSSD(7mm)に対応しています。
DSCF8360

8.ハードディスクは通常の9.5mm厚の物ではなく、7mm厚の物が対応していますので、注意して下さい。
DSCF8361 DSCF8362

ページの先頭へ